大空出版|Webデザイナー 先輩インタビュー

茂木 大地
Daichi Mogi

Web Designer

Profile

  • 出身:いばら“き”県
  • 入社:3年目
  • 職種:Webデザイナー
  • 趣味:アメコミ、映画
  • 好きな本:風天 渥美清のうた見る
  • ひと言:
    飽きっぽい性格です。いろいろなことに手を出しては、すぐに飽きる。(最近は仮面ライダーにハマっています) 茨城県、千葉県、秋田県と住処も転々としてきました。

現在の仕事内容について教えてください

現在はHondaの仕事をメインで担当しています。主にモータースポーツサイトのデザインからコーディングの仕事となります。こちらのコンテンツは、国内だけではなく、海外に向けても情報発信を行っていますので、デザインを考える際には、フォントや画像配置など細かい部分にも外国のトレンドを意識しています。ほかにも、大規模サイトのリニューアルを担当することもあります。日々の更新とは違い、サイト全体の構成も頭に入れつつ、クライアントの意向に沿ったデザインを考えるため、スケールが大きい作業になります。ときには上手くいかず締切との戦いになることもありますが、その際は先輩や上司とも協力していただき進めています。

― 仕事の魅力、やりがいはどんなときに感じますか?

大空出版の仕事は大きなクライアントの案件が多く、若手でも挑戦できる場があるので責任感が鍛えられます。この仕事のやりがいの一つは、たくさんの人に自分が作ったものを見てもらえるということです。入社してから大学時代の教授と会う機会があったのですが、教授は昔からモータースポーツが好きだったとのことで、僕の作ったサイトも見てくれていました。「実はそのサイトは今は自分が作っているんですよ」と話したら驚いていました(笑)。身近な人にも自分の仕事が届いていると分かり、とてもうれしかったです。

Webデザイナーという仕事を選んだ理由は何ですか?

大学時代はエディトリアルデザインを中心に学んでいました。しかし、いざ就職する際になったらWeb系の仕事にすごく興味を持ちました。そんな中でも、出版社である大空出版でのWebデザイナーの仕事なら、学生時代に学んできたDTPの知識を生かしつつ、Web業界に挑戦できると思いました。実際に働き始めてからも、デザインを考える際に、学生時代の知識が役に立っている実感もあります。コーディング作業に関しては、ほとんど初めてでしたが、仕事をこなしているうちに自然と身についてきました。

― 職場の雰囲気はどんな感じですか?

すごくアットホームな職場です。先輩も仲良く接してくれるし、自由にのびのびと仕事ができています。もちろん気を引き締めるところはちゃんとしているので、メリハリのきいた職場という言い方がとてもしっくりきますね。

― 現在はどんな目標を持って仕事をしていますか?

まだまだデザインについて勉強をしている段階です。今は先輩や上司のアドバイス、サポートを受けて仕事をしていることが多いので、まずは自分なりのデザインや仕事のやり方を確立させて、後輩ができた際に自信を持ってアドバイスができる人になりたいです。

ちなみに休日はどんな過ごし方をしていますか?

基本はインドア派ですね。昔はバスケットをしていて、バリバリのスポーツマンだったのですが・・・(笑)。
休日は映画を観たり、本を読んだり、家の中で過ごすことが多いです。アメリカン・コミックスという、欧米で流通しているコミック紙を読むのが好きで、たまにアメコミの専門店に買いに行くこともあります。本の内容よりも、本自体のデザインに興味があるタイプで、紙面がかっこよかったり、おもしろいデザインの雑誌やデザイン関係の本などは、内容に問わず購入してしまうことが多いです。

People