ホーム >  書籍情報 >  その他の書籍 > 『地方創生の切り札 LBT』

『地方創生の切り札 LBT』

LBT(=住民参加型のインフラ整備手法)が、日本の地方を救う!

山間の小さな村ながら出生率2.03を誇る「奇跡の村」として知られる長野県・下条村、中越地震で全村避難を強いられる甚大な打撃を受けながら、わずか3年2カ月で住民の帰村を果たした新潟県の旧山古志村など、地方創生のモデルとして注目される地域は、ある手法を用いてインフラ整備を成し遂げていた。

そこから見えたキーファクト=日本の地方が抱える開発課題には、開発途上国との"ある"共通点が——!?

アフリカで長年技術開発プロジェクトにかかわってきたスペシャリストが、日本の新しいまちづくりの道を拓く‼

  • 著者:徳永達己
  • 発売:2017年4月
  • 頁数:264ページ
  • 価格:1500円+税
  • ISBN:978-4-903175-70-6
この記事をはてなブックマークに追加
本をさがす
買い物かご

買い物かごは空です

買い物かご

大空出版

まだある。昭和ナビ