両国のまちで相撲ファンが買えるお店、増えました。

割烹 吉葉

Information

「割烹 吉葉」で『相撲ファン』バックナンバーの販売を開始しました。

   » 相撲好きな人、土俵のあるお店で働いてみませんか? «

割烹 吉葉

割烹 吉葉

割烹 吉葉

グルメページでの紹介や表紙撮影・座談会企画の舞台として
『相撲ファン』創刊号から登場し、読者の皆さまにもお馴染みの
名店「割烹 吉葉」さんで、本誌の最新号およびバックナンバーが
購入できるようになりました。

ちゃんこ鍋のお供に、是非どうぞ。

[] []

「割烹 吉葉」とは

両国国技館から徒歩約10分の距離にある「割烹 吉葉」は、第43代横綱・吉葉山の名前を譲り受けた割烹料理店です。戦後の大相撲復興の象徴ともいわれた吉葉山が、現役時代に吉葉山相撲道場を設立。横綱の引退後に旧宮城野部屋となった総檜造りの建物は、原型をそのままに「割烹 吉葉」へと引き継がれています。店内中央の土俵はもちろん、当時稽古に使用されていたもの。由緒ある相撲場で、相撲甚句を聞きながら食べるちゃんこ鍋は絶品です。

  • 割烹 吉葉名門宮城野部屋の風格を感じさせるような威風堂々とした造りの外観。築地市場仲卸の直営店が営む割烹料理店なので、鮮度抜群の海の幸を堪能できる
  • 割烹 吉葉土俵上で行われる相撲甚句は週4回の開催。元相撲部屋ならではの雰囲気が漂う空間に甚句の響きが加わって、ちゃんこを囲む人々の盛り上がりも最高潮に
  • 割烹 吉葉こだわりの料理に彩りを添えるのは、相撲に限らず日本文化の粋を楽しめるラインナップの催し物。年3回開催される寄席や、週2回の津軽三味線生演奏も
  • 割烹 吉葉土俵上の大画面で「大相撲名勝負」が見られる。歴代の名横綱たちの迫力ある取組に思わず箸が止まることも。本場所開催中は大相撲中継や録画を放映

スタッフ急募!

「割烹 吉葉」では現在、スタッフを募集しています。相撲好きな人、和文化を愛する人、両国で働いてみたい人などなど、興味のある方はぜひ一度お問い合わせください。お相撲さんにも会えるかも!?

スタッフ募集概要・お問い合わせはこちら
この記事をはてなブックマークに追加